上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月19日15時15分。
ブラックの元気な男の子が誕生しました。
たった109gで生まれた小さなかわいい子です。

帝王切開での出産だったせいもあって、まずは育児放棄するカプ。
けど、一晩たってようやく母性に目覚めたようで、しっかり子育てするようになってくれたので、一安心です。

出産までの経過を記録もかねて、綴っておきたいと思います。
長文になりますが、ご容赦を!



59日目。
母乳が早々と出てきたので、予定していたよりも1日早く獣医さんでレントゲン撮影に行ってきました。
母乳が出始めると、1,2日で出産が始まることが多いと聞いて、いよいよだ!とちょっとテンションがあがる私。
レントゲンの結果は、頭数が1匹であることと逆子だということが判明しました。
頭数が少ないと胎児が大きくなりすぎるらしく、この時点で帝王切開になることも覚悟するようになりました。
それでもできれば自然な形で臨みたいという思いは強かったです。

60日目~62日目。
いつお産が始まるんだろうと私の方がソワソワしていましたが、カプには出産の兆候が全く見られずいつも通り。
強いて言えば巣作りのようなホリホリを少し始めたくらいかな。
けどそれもまだまだ本気っぽくはなく、10回ほど掘ってすぐやめてしまいました。
今更だけど、見た目に胎動をはっきり感じたのもこの頃からでした。

63日目。
いわゆる出産予定日です。
9時15分に嘔吐しました。その後は食欲もなく、いよいよ始まる!とドキドキしてきました。
けど生まれない~!

64日目・65日目。
予定日が過ぎたことで、どんどん焦る私。
ちょっと動けばお産が進むかと思って、ロング散歩に出かけたり車に乗せてみたりもしましたが、全く効き目ナシ!

66日目。
さすがの私もここまで兆候がないと心配になり、獣医さんへ行くことにしました。
獣医さんも、すぐにでも産まれても良さそうな状態だったのに何の音沙汰もないので心配してくれていたそうです。
胎動は感じていましたが、まずは胎児が元気でいるかどうかの確認のため、エコーを撮ることに。
画面の中には胎児の元気のいい姿と心拍が確認できました。
まずは一安心!
胎児の脊椎がはっきり確認できたので、しっかり成長していることも確認できて、もう一安心!

そして、獣医さんから出産についての決断を迫られることになりました。
胎児はまだ上の方にいること。
もういつ出てきても大丈夫なこと。
数時間後に破水する可能性もあるし、いつお産が始まってもおかしくないこと。
ただ。
逆子であることの危険性と、胎児の大きさの心配。
自然分娩にするか、帝王切開にするか?
家族の選択であることを告げられました。
お腹を切ることを考えてはいましたが、いざ決断を迫られるとなかなか決められないものでした。

とにかく1度家に帰って家族と相談して、もう少し様子を見ることにして家へ戻りました。

産気づいているわけでもなく、普段通りのカプ。
そこにメスを入れることにはなかなか踏み切れない。
ただ、最大の優先は母子どちらともの命。
何かあってからでは遅い。
すぐにでも切開に踏み切ろうと気持ちが傾きましたが、まっぴーだけは大反対でした。
いづれにしても、あまり長くお腹にとどめておくわけにはいかないので、もう一晩だけ様子を見て何事もなければ帝王切開をすることにしました。

67日目。
何事もなく朝を迎えました。
子どもたちには午後は早退するように伝えました。
カプはいつものように持ってこい遊びを楽しむほど元気!
獣医さんに帝王切開していただくように連絡を入れ、子どもたちが帰ってくるのを待って獣医さんへ向かいました。



15時。カプの手術が始まりました。
手術の様子は隣の部屋から見ることができました。
カプのお腹から、黒い物体が出てきました!
赤ちゃんにも麻酔の影響が少なからずあるため、すぐに蘇生へ。
タオルでこすったり、何度も振り下ろしたり、マッサージしたりと懸命です。
ようやく、「ミーミー」と弱々しく鳴いた!
もう少し元気に鳴けるようになるまで、子どもたちと一緒にマッサージしてあげました。
子どもたちも蘇生の手助けをさせて、みんなで見守ったカプの出産!

感動!

ひーちゃんに至っては大号泣でした。




赤ちゃんを取り出したカプは、そのまま避妊の処置もお願いしました。
1度お腹を切ると2度目も切開になっちゃう。
そんな事はさせられません。

最初で最後のお産になりました。



その後のカプは、育児放棄。
赤ちゃんをそばに寄せ付けず、むしろ怖がって逃げ出すカプ。
無理やり押さえつけての授乳が始まりましたが、小さくうごめく黒い物体にブルブル震えながらの授乳。
怖くて怖くて仕方ない様子です。

1時間~2時間おきの授乳。
その度に押さえつけられ、ブルブル震え。
一晩中、私も寝るに寝られない状態でした。

育児1日目。
朝になってもまだ育児放棄が続いています。
けど、赤ちゃんとの距離は少しずつ縮まり、時折覗きに来ては逃げるを繰り返しています。
子どもたちが学校へ行くと、カプは2階に上がりたがります。
2階には今日お休みのとーちゃんがいることを、カプは知っているのです。
気分転換にとーちゃんの元に連れて行き、しばらく甘えさせてあげることにしました。

9時。とーちゃんと一緒に起きてきたカプを、思い切って同じケージに入れてみました。
が、カプはやっぱり怖がって赤ちゃんから離れ、出して~!と言わんばかりにキュンキュン鳴きだす始末。
私たちが構いすぎるのも良くないのかな、としばらくそっとしておきました。
けど状況は変わらず、あまり無理強いすぎるのもかわいそうに思って、ケージから解放。

10時。またまた無理やりの授乳の時間。
始めは無理やりでしたが、後半は私たちが離れても逃げ出さずに授乳を続けるように!
おお!もしかして母性に目覚めてきたか⁈
その後は落ち着いて授乳を続け、次第にお尻や頭を舐めるようになり、片時も離さず子育てをするようになりました☆

ここでもまたまた、感動‼︎



赤ちゃんがこの世に誕生する姿と、カプがお母さんに成長する姿。
どちらもホントに感動でした。


生まれてきてくれて、ありがとう。
カプ、がんばってくれてありがとう。

我が家に家族が増えました。
大事な大事な小さな命。



一緒に大切に育てていこうね!
スポンサーサイト
2013.11.19 生まれた~☆
15時15分。
ブラックの男の子が生まれました~!
逆子だったのと1胎しかいなかったこと、予定日よりも4日も遅れたため帝王切開での出産となりました。

ベビちゃんは元気いっぱい!



カプは疲れたのか麻酔でまだもうろうとしているからか、背中を向けたまま振り向いてくれません。



一休みしたら、育児がんばってもらわないとね!
2013.11.04 妊娠確認
交配後は何事もなく、普段通りに過ごしていたカプです。

何のへんてつもない様子。代わり映えしないお腹。
妊娠への期待と不安が入り乱れていた時期です。

9/30(月)交配後17日目。
我が家でサロンのママさんと我が家で飲み会しました。
素人目にはよく分からないけど、プロの目から見ると、「乳腺が少し張ってる気がする」と。
きっと妊娠しているよ!と明るい希望をいただきました。
そう言われると、その気になってくる素直な私。
違いが分からないくせに、カプが妊婦に見えてくるから不思議~^^

10/1(日)交配後18日目。
明け方からお昼までずーっと吐きっぱなし。
いつもと違って空腹の時の黄色い泡ではなく、始めはドッグフードの未消化からだんだん水っぽくなっていきました。
食欲は全くナシ。
具合悪そうにぐったり寝てばかり。
病院へ連れて行こうかと思ったけれど、便の様子は普通だったのでもう少し様子をみることにしました。
夕方には食欲もすこし戻ったみたい。ようやくドッグフード食べてくれました。

このあと数日はまあまあ食欲がありました。
と言っても普段の半分程度でしょうか。

交配後25日くらいになるとドッグフードをまったく口にしようとしません。
大好きなチーズのトッピングも、雑炊も、アレコレ試行錯誤してようやく普段の1/3を食べるかどうか。
きっとつわりなんだろうと思いましたが、とにかく何か食べさせないと!と言う思いでいっぱいでした。

しかもこの頃、私もウグイスに出向いていたので留守にすることが多く一緒にいてあげられない!
低血糖なのか何なのか、ブルブル震えることが多くなり、けど医者に連れて行くヒマもないくらいでした。

大好きな雑炊も食べない。パンも食べない。
食べるのはチーズぐらい。

最後にとった手段は、ドッグフードを粉砕しチーズを多めにトッピング!
チーズを食べるときにどういう形であれ、少しでもドッグフードを口にして欲しい。
この手がうまくいき、なんとか少しずつ食べてくれるようになり一安心!

交配35日を過ぎる頃にはようやく食欲も戻ってきました。



その後フードも妊婦用の高カロリーなものに徐々に代えていき、給餌量も少しずつup!
食べる分だけウンチの量も今まで以上になってきました。
お水もよく飲むので、オチッコの回数はずいぶん増えました。
カプは使用済みのシートの上では用を足さないので、リビングには2カ所・寝室にもトイレを設置。
できるだけ清潔を心がけています。

お腹もおっぱいもずいぶん大きくなってきました。
抱っこしてもずいぶんずっしりくる感じ。
我が家の人用の体重計は200g刻みなので正確なところは分かりませんでしたが。
2.8kgスタートで現在3.4kg。
600g増だと喜んでいたのですが、先日ペットショップで量ってみたところ3.2kgでした。
体重の増加がイマイチでしょうか。

11/1(金)交配後49日目。
この日は小学校の参観日。サロンのママさんが参観前にカプの様子を見に来てくれました。
さすがにここまでくれば、素人目にも妊娠は確実に思えますが。
ママさんはカプのお腹を触って、「いるいる!2匹はいそうやね!」との見解♪
もっといそうな感じと言ってくれて、にわかに口元がゆるむ私。
たくさんいすぎると困るわ~なんて思いながら、やっぱり嬉しくなっちゃいます。


ネットでアレコレ調べていると、エコー検査に行ったり定期的に妊婦検診をうけられている方を多く見受けられます。
けどカプは妊娠してから病院で検査を受けていないです。
お医者さんがあまり好きではないのでね。最低限でいいかなと。
出産前に頭数を確認するためにレントゲン検査は受ける予定です。



2013.11.04 いよいよ交配
交配に踏み切るに当たって背中を押してくれたのが、いつもお世話になっているトリミングサロンのオーナーさん。

保育園のママ友として知り合った彼女は、お互いの家でおうち飲みをする仲で。
いろんな話をしていくウチに、もはや「ママ友」と呼ぶには失礼かなと感じるくらい。

大事なお友達です!

それゆえ、カプのことでもいろんな質問もできるしアドバイスも素直にうけられる。


カプの出産に関しても、必要以上に煽るわけでもなく。
一つ一つの不安要素に耳を傾けてくれて。
心配なこと、問題な点、メリットデメリットを含め、いろいろな相談に乗っていただいています。

何よりも、彼女自身の愛犬に対してのスタンスがとても納得のいくモノであること。
おかげでカプの交配に踏み切ることができました。



交配するに当たって、父親探しも大事な部分。
これに関しても、彼女にお願いしました。



9/7(土)夜。ヒート確認!
すぐに彼女に連絡をしました。

翌日血統書の確認をしてもらいました。
オシモの状況も確認してもらいたかったので、トリミングを兼ねてヒート確認から7日目の金曜日に予約を入れました。

9/12(木)。ヒートは順調だけど、お尻をポンポンと叩くとフラッキングするようになりました。

9/13(金)。トリミングの日です。
前日からフラッキングをする事を話し、オシモの状況も見てもらったところ。
だいぶやわらかくなってるし、そろそろかもしれないと。
すぐに先方に連絡してくれて状況を説明したところ、それでは遅いかもしれないので交配を早めましょうということに!
予定では17、19日を交配日としていたらしいのですが、急遽14,16日に変更!
まだ先だと思っていたのに、明日じゃ~ん☆
一気に高揚する私。ドキドキしてきました。

9/14(土)1回目交配。お昼にサロンのママさんに迎えに来ていただきカプを預けます。
お戻りは2時過ぎ。アッという間の時間です。
始めは嫌がっていたというカプ。万が一のため噛みつき防止の口輪をつけられたということですが、滞りなく交配成功したということです。
スマホで証拠写真も確認させていただきました。

我が家に戻ってからは普段よりトイレの数が多かった!
大事な部分を舐めようとするんだけど、匂いが気になるのか舐めるのをやめちゃうの。

9/16(月)2回目交配。3時半くらいにお迎えに来ていただいて戻りは6時頃!
さすがに2度目とあって滞りなくすんなり交配されたということです。


本来ならヒートを確認してから10日~2週間後とかって言うけど、実際はちょっと早めの方がうまくいくこともすくなくないらしい。
サロンの看板犬も割と早めって言ってたので、ちょっと早めに確認してもらって良かった♪


2013.11.04 交配まで
出産予定日まで2週間をきりました。

ワンちゃんの妊婦期間は長いようでアッという間の63日。
妊娠が確定してからはほぼ1ヶ月という早さ!
スゴイですよね~。


さてさて。

前回のヒートを迎えた時。
交配するならこの時がいいと思っていたけれど、諸処のタイミングが合わずお見送りとなりました。
次回はないなと、思っていましたが。

思いがけず、とーちゃんの骨折騒動が勃発。
その後ケガの方はずいぶん快方に向かったモノの。
日々の忙しさ故、リハビリも思うようにできず。
まだまだ走ることもままならない現状です。

毎年行ってた正月スキーも今年はどうなるか先行き不透明な夏時分。

スキーをしないひーちゃんと私。
今年は家でのんびり年越しをしようかという案が浮上。
そもそもおでかけするのも億劫なひーちゃん。
正月スキーへの特別な思いもなかった。

とーちゃんも体に自信がなかったのか。
あっさり、それもいいんじゃないかと反対しなかった。

それでもやっぱりスキーに行きたいまっぴーととーの。
正月スキーは外せないとあって、ジジババの協力を得てとーちゃんと正月スキーへ行くことになりました。

なので今年の年越しは、初の家族別行動決定!


我が家がカプの交配に踏み切れない最大の要因は、夏と冬の家族旅行。

この時期が出産と育児にかかるならNGということです。
けど、冬の旅行が免除されるなら。
その問題は一挙に解決☆

カプのヒートは9月の予定。
交配したとして、出産は11月。
育児期間は長く見積もっても2月いっぱい。


環境としては問題がなくなり。
カプが出産することに家族の反対もなく。
むしろまっぴーが熱望☆
獣医さんのOKもいただいたので、この度交配が現実のモノとなりました~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。