上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず、右後ろ足をかばうチーノ。

セカンドオピニオンは今では当たり前なのかもしれませんが、かなり抵抗がありました。

けど、思い切って違う獣医さんにも診ていただくことを決意!

決めたら即行動。
仕事が終わってからチーノを連れて、新しい獣医さんへ…。

新しい獣医さんは、医師も4人いてスタッフの数も多い。
問診で、これまでの経過を話したところ、院長に診ていただくことになりました。

触診では、足先・膝には異常なし。
けど股関節の辺りは明らかに異常を認め、レントゲンを撮ることになりました。

レントゲンの結果は。

右大腿骨頭の異常あり。
骨の一部がモヤモヤと白濁していました。
そして、外側から水平にうっすら線が入ってる。


診断その①
何らかの衝撃により骨頭部にヒビが入り、炎症を起こしている状態。

診断その②
レッグペルテス。

その① ヒビによる炎症であるならば、2ヶ月もすれば何の処置を施さなくても自然治癒しているはず。

その② レッグペルテスならば、2ヶ月後には更に悪化しているはず。

いずれにしても現段階では2ヶ月間痛み止めなどで様子を見て、再度レントゲンの結果で判断するのが良い。
レッグペルテスの症状に近いけれど、決めつけて手術するのは時期尚早だ、との見解でした。

これまで1ヶ月半ほどの間様子を見てきて、更にこの先2ヶ月様子を見るのかと思ったらすごーく長く感じました。
2ヶ月後に受診することにして帰宅したものの、私の心はモヤモヤ。

どちらにしても、命に関わる病気ではないことと、レッグペルテスであったとしても手術すれば治ることはとても安心したのですが。
トータル3ヶ月以上も様子を見るだけのことしか出来ない申し訳なさと、できるだけ痛みを感じる時間を少なくしてあげたいという思い。
そして、長い目でみたらやっぱりかかりつけの獣医さんにケアしてもらいたいという思いがあること。

一晩イロイロ考えたけど、もう一度かかりつけの獣医さんへ相談に行ってきました。

チーノのために、飼い主の私の不安も含め、どうしてあげるのが良いか一緒に考えいきましょう、と。
チーノの状態に関しては、やはりもう少し様子を見た方が良い。
そして、次回も新獣医でしっかり比較した診断を受けた方が良いとのことでした。
信頼している獣医さんにそう言われて、様子をみることに私自身も納得することができました。

セカンドオピニオンをしたことで二重の見方ができるメリットとその後のケアも視野に入れてのアドバイスを頂き、今後の経過も報告していくことになりました。

かかりつけの獣医さんには申し訳なさが残りますが、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからの2ヶ月もきっと長く感じると思いますが、大事に大事にチーノの様子を見ていきたいと思います。






スポンサーサイト
2014.11.19 初誕生です☆
11月19日。

1年前の今日、15時15分に生まれたチーノ。
予定日から4日も遅れたため、帝王切開にての出産。
一人っ子の割に思っていたよりも小さく、109gでの誕生でした。

子供たちと一緒に誕生の瞬間を見守り、しっかり呼吸ができるようになるまでマッサージしてあげて。
みんなで参加したカプの出産は、ホントに感動的でした。

あれから1年。
カプとチーノは我が家にたくさんの幸せと笑顔を運んでくれました。

もちろん、心配事も悩みもまだまだありますが。
無事にお誕生日を迎えられて、とても嬉しいです。


が、気持ちはあるけどモノは用意できてない~^^;

慌てて買ってきたプレゼントは…



夕飯は初のウェットフード!
初物の食い付きは今ひとつだった。


足の状態はまだまだではあるけれど、これからも元気でいてね!







チーノの足の具合は、引き続き今ひとつ。
むしろ足を上げることが多くなってきたように思います。

前回の診察で、骨の問題はクリアしたけれど改善の兆しは全く見えません。

異変に気付いてからすでに1ヶ月以上経っています。


先ほど、今後の相談も兼ねて3度目の診察に行ってきました。

併設のランで歩いたり走ったりする様子を見て、もう一度念入りに触診して頂きました。

どうやら右股関節の辺りが炎症をおこしているようです。

関節炎の注射を打っていただきました。

本来なら1才未満のワンコには打たないそうですが、お誕生日まであと2日なのと症状が出てからの期間が長いことを考慮しての処置になりました。

お薬の方も変えていただきました。



今は私の横でスヤスヤ寝ていますが、目が覚めたら四肢でちゃんと歩けてるといいなー。

痛みがなくなりますように…
来週、初めてのお誕生日を迎えるチーノ。
毎日カプと激しくバトルを繰り広げるほど元気いっぱいです。
甘えん坊でヤキモチ焼きで、ちょっと手のかかる困った男の子ですよ。


が、そのチーノ。
最近は獣医さんのお世話になっています。


10月にトリミングをするまでは何の不安も感じていませんでした。

チーノのトリミング完了後、トリマーさんから右後ろ足をかばう仕草をしているとの指摘を受けました。

その時は、そう言われればそうかな…という程度で、様子見てみるね~くらいの気持ちだったんだけど。
気にして様子を見るようになると、確かに右後ろ足上げてる…。

トリミングから1週間ほど様子を見て、獣医さんに診察に行きました。

パテラの心配が1番だったのですが、先生の見立てでは異常なし。
併設のドッグランで走らせてみても、走る姿に異常なし。
ただ、制止中は右後ろ足を少しだけ浮かせてる。
地面に着地してるけど、体重はかけてない感じ。

何が原因かは分からないけれど、確かに様子が少し変だねぇと。

とりあえず、10日分の飲み薬を頂いて様子を見ることに…。

もし改善しなければ、次はレントゲンを撮ることにして帰りました。

で、いただいたお薬がなくなっても状況が変わらず。

なので、またまた獣医さんに出向きました。
これが、先週瀬女に行った日の午前中のこと。
前回よりも念入りに膝の具合、股関節、背骨とみていただきました。

触診の結果は、右股関節の一部に触れた時のみ嫌がるかなって感じ。

レントゲンを撮ろうということになったなったけど、夕方まで預かって様子も見たいと先生の提案でそのままチーノは獣医さんに残して帰りました。


夕方迎えに行くと、いつも通り元気に走り回るチーノが出迎えてくれましたよ。

で、気になる結果は…

レントゲンによる異常はなし!
膝のズレもなく、股関節も大丈夫。
骨の形成異常もなく、とてもいい状態。

1番重要な骨格に異常がないということはまずクリア。
次に疑われるのは神経系の方だと。

家庭でのケアはとしては、とにかくあまり滑らせないこと。

人間のように足を使わないとか、動かさないようにさせることは難しいから、それよりも普段通り動いて筋肉を鍛えることの方が大切だということでした。


また少し様子を見て、走り回る時にも足をあげるようであれば、次の処置に続きます。







チーノさん、6/2に去勢手術を受けました。



とても元気いっぱいで、食欲も旺盛でトイレも問題なし!

カプとの取っ組み合いも普段通りに激しい。

さすがに傷口は気になるようで、舐めたり噛んだりしようとするので、獣医さんからエリザベスカラーもお借りしました。

抜糸も必要ないらしく、傷口に異常がなければ1週間でお散歩解禁!
シャンプーは10日で解禁だそうです。

早く自由になりたいね~(*^_^*)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。