上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイレトレーニングを始めて5日。
ケージから少し離してトイレを設置してから3日目です。
時々失敗もありますが、現状報告をしたいと思います。


トイレシートが汚れていない状態でのチッコの方は、ほぼ100%と言っていいくらいトイレでできています。
若干すみっこ寄りではありますが、シートに吸収できる範囲に収まっていて、お世話がとても楽チンになりました♪
汚れたシートの上ではしたくないようなので出きるだけ速やかに替えていますが、時々気づかずにいると2度目はトレイの外にしちゃってます(+_+)

ウンの方はと言いますと。。
隠れてしたい願望が強いのか、しばらくはケージの中にポトリと落としていたんですが。
ここ2日間は見事にトイレで用を足してくれています☆


コマンドに関してですが。
なかなか現場を押さえることができず、いまだにリアルタイムでの声掛けが難しい状況ではありますが。
チッコもウンも、トイレでできたことが分かったらすぐにコマンドのかけ声と共に大げさに褒めながらシートを片づけるようにしています。
コマンドと用を足すことの関連があると思ってもらえたら。。という期待を込めて。


そしたらですね~。
日中パソコンに向かう私の腕をカプが鼻先でツンツンしてきました。

鼻先ツンツンは「ねえねえ」ってアピールの合図です。

振り向くとカプが、「トイレ見て!」ってアピールしてるの。

なので、トイレを見てみるとど真ん中にチッコ~!!

トイレでチッコしたら褒めてもらえるってことが分かったみたいです♪

「カプ、おりこうちゃんね~♪」ってべた褒めしちゃいました。
褒め過ぎも良くないんだっけ??

でもお知らせしてくれたのがうれしくって。。


このままコマンドとの関連も覚えてくれたらイイナ~♪
カプならきっと、タイミングが合えばすぐ覚えてくれそうな気がします。。っていつも親バカ発言でスミマセーン^^;

DSC_0034.jpg
スポンサーサイト
カプのおトイレの問題を取り上げたところ、こむぎの記録簿のタリーさんからアドバイスをいただきましたので。
早速取り組んでみました~。

タリーさんからのアドバイスによりますと。。。


『小屋の外&正しい位置を知るトレーニング』


ケージの外で正しい位置に修正してあげるということでしたので、トイレトレイをまずケージ外の入り口に設置してみたところ。。

シート置いてないケージ内でウンしちゃいました(涙)
でもこれ、カプを部屋に残して自分がトイレ行ってる間のことなのです。
しかも、「トイレ行ってくるね~」なんて声かけちゃって。。。

カプは気に入らないことがあると、時々こうやってトイレじゃないところでウンしちゃうことがあるのです。
玄関のたたきとか、階段の頂上とか。。
そして、わざわざお知らせしに来てくれるのです。

そんなわけで、出鼻をくじかれてしまいましたが、その後のチッコに関しては外に出してあるトイレのど真ん中でちゃんとしてくれてます。
失敗する事がないです。100%成功です☆

DSC_0025_20121023133046.jpg

ちなみに、ウンに関してですが。。
お留守番のためケージにカプを入れるように娘にお願いしたら、気を利かせてトイレシートもペラーンと1枚ケージに入れてくれました。
待ってましたとばかりに早速ウンをするカプ。
私が気づいたときにはもう出きった後でした。。

今日はまだウンしてないので、この後どうなるか結構気になってます。


とりあえずチッコが上手にできるようなので、ケージからを少し離したところに設置してみました。

DSC_0022_20121023133047.jpg

さて、どうなることやら~。


タリーさんのアドバイスの一つである、トイレのコマンドなのですが。
コチラに関してはまだ試せていません。
なぜならカプは現場を見られるのを好まず、誰も見ていない時を見計らってコッソリ用を足すのです。
見られたらやめちゃうので、なかなか現場を押さえることができないのであります。

コチラの方も注意して挑戦していきたいと思います。


暑い暑い3連休でしたね~(^_^;

今日の最高気温、石川県は何度だったんでしょう?
午前10時に見た表示は37℃。
その後どうなったのかは知りませんが、とにかく今日も暑い一日でした。


こんな暑い日だから、というわけでもありませんが。
今日は金沢市のペットショップwithさんで、無料のしつけ教室があったので行ってみました。

会場にはたくさんの人・人・ワンコ・ワンコ・・・。
ショップの方も「こんなにたくさんの参加は初めて!」というくらい大人数で。
準備してあった席をかなり増やしても足りないくらいでした。

教室の内容は、基礎の基礎。
「ワンちゃんとの信頼関係」をベースにしたオリエンテーションでした。

体中のどこを触っても落ち着いていられるとか、知らない場所・人の中でもコマンドを聞けるなどなど。
しっかりした信頼関係が築けているかどうか、一目瞭然な会でした。

カプは。。。どこを触っても嫌がることなく身をゆだねてくれますが。
家の中とは違って、気もそぞろ。
当然コマンドに従うはずもなく、おまけに眠くなったのかやる気ナシ~って感じでした。

近頃気になっているムダ吠えに関しても、ワンコにとっては「ムダ」な吠えではないことをおっしゃってました。
その中に、一日中フリーでいるワンちゃんは警備エリアが広がるため、いわゆる「ムダ吠え」につながることを指摘。

ほぼフリーでいるカプは、確かに警戒吠えが多くなったし、ちびっこが外で遊んでいると「自分も行きたい!」ってな感じの要求吠えも多くなってる。

その点を含めて、クレートなどのハウスをケージに入れて過ごさせることが有効だということです。

一日20時間くらいハウスで過ごしても大丈夫だそうですが、『ケージ=留守番』という図式が仕上がっているカプにとってはかわいそうな気が。。。というダメダメ飼い主の甘さが見えてしまいました。

このケージ生活はトイレトレーニングもしやすいそうで。
ランダムな散歩時間・コースも有効だそうです。

約2時間のしつけ教室の間、カプは吠えることなくひざの上でお昼寝おりこうさん。


しつけの本やネットなどで聞いたことのあるお話がほとんどですが、カプとのコミュニケーションがどのくらいとれているか実践も交えてできたことは、とてもお勉強になりました。

頭で分かっていても、なかなか始められないモノですが(何せダメ飼い主)。
試しに実践してみることって始めるイイきっかけになります。

まずは、信頼関係をもっともっと築くこと!
楽しくやっていきたいと思います。





夕方、少し日差しが弱くなってから(とはいえまだまだ暑かったのですが)。
手取川で子どもたちと水遊びをしてきました。

IMG_2393_convert_20120716200826.jpg

IMG_2409_convert_20120716200857.jpg


IMG_2385_convert_20120716200748.jpg


時間が経つに連れ、子どもたちも豪快に水に浸かりだしましたが、川の流れもそこそこあったので危険を感じ早々に退散。



私、カナヅチなので「いざ!」という時に何の役にも立ちませんので。
IMG_2403_convert_20120716200945.jpg



2回目のパピーラーンに行って来ました

前回の子どもたちのしつけが全くなってなかったのを反省して。
今回は、担当を前もって決め。

講習を受けるのはまっぴーで。
ひーちゃんはカメラ係として、横に待機させ。
とーのは私と一緒に会場の外へ。

中に入っておりこうさんにできたらいいんですけどね~。
人様にご迷惑かけては申し訳ないので。。退散

そんなお約束の元、今日もパピーラーンの始まり始まりぃ

とは言え、今回はとーのとショップ内をウロウロしたり。
ショップの外で不審者まがいののぞきをしたり。
自販機のジュースを買いに行ったりと。

まともに話をきく態勢じゃありませんでした

その分、まっぴーがしっかり聞いてくれていたハズ!

今回は「オスワリ」の練習もやってたのかな。
あと、体のアチコチをさわってみることもやってたかな。

とても、あてげデス。

今日の収穫は、rosyとの日々のrisaさんご一家と対面できたこと!!

とてもやさしそうなご主人と、穏やかそうな子どもたち
ウチのはねっかえりのお転婆3姉妹とは比べものにならないほど。。。
あ、長女まっぴーだけは落ち着いていてくれてます。念のため補足しときます
rosyちゃんは、いつも見慣れたカプよりも少し大きくて、体つきもしっかりしているように見えました。
そして、想像通りおりこうさんで人気者でした。
とってもキュートなrosyちゃん

risaさんもお話ししやすい方で、人見知りの私ともお話ししてくださって
お会いできて、とってもとっても嬉しかったです

ちなみにお任せしていたカメラ係サンの成果はというと。。かなり残念な感じ

なので、今回も画像なしでごめんなさ~い


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村



パピーラーンに行って来ました

カメラを持参していったんですが、それどころではなかったので、
画像がありませんが、お許しください

今日の生徒さんは、トイプーちゃんが5匹とチワワちゃんが2匹。
4ヶ月から6ヶ月までの子たちが集まりました。

内容は、ふれあいと、呼び戻しの練習といったところでしょうか。

簡単な月齢確認があった後、リードをつけたまま好きなようにさせるところから始まりました。

初めはどのワンちゃんも恐る恐るって感じでしたが、そのうちにクンクンにおいを嗅ぎあってて。
動きも徐々に出てきたところで、リードを外すことに。

ノーリードになると常連組さんは好きなように動き回り、新入生の3匹は逃げる

ここでターゲットになるのは小さい子らしく、カプも部屋の隅の私たちが座っているイスの下をひたすら逃げ回ってました。
他の2匹のチワワちゃんも、イスの下に隠れるか、飼い主の側を離れられずにいたりと。
不安でいっぱいの様子。

こうやってたくさんのワンちゃんたちと触れ合うことで、自分の犬の性格がどういうものか比較できるようです。
カプは、逃げる場所を知っていて賢いですねって言ってもらえました

呼び戻しの練習は、おやつのご褒美をつかいました。
おやつといっても、ほんの米粒ほどの大きさにしたものを与え、
『食べ物』とうよりも、『飼い主から何かもらえる』っていう期待を持たせるのが目的だそうです。

ノーリードで名前を呼び、戻ってきたらご褒美を与える。
名前を呼んで戻ってきたら、ご褒美を与えて抱っこする。
名前を呼んで戻ってきたら、首輪をつかんでからご褒美を与える。

今は飼い主の側にいることが安全だと思っているけれど、5ヶ月を過ぎたら側にいなくても平気になるようで。
なので、名前を呼ばれて戻ったときに、『いいことがある』という期待を持たせておくのがいいそうです。

そして、初めのうちは何かするたびにご褒美をあげること。
毎回ご褒美が与えられていると、時々ご褒美がなくっても次はもらえるかもって思うらしく。
初めから時々ご褒美を与えていると、そのたびにご褒美を確認してからじゃないと言うことを聞かないそうです。

なるほどな~。

エサをつかってしつける方法には賛否両論あるでしょうし、私自身もおやつは極力あげない派でいきたいと思ってましたが、このやり方には頷けるものがありますね。
しかも米粒ほどの大きさなら、おなかもふくれないでしょうし。

やってみよ~っと。

あとは、他人からエサをもらうっていうのもやりました。
男嫌いとか、女嫌いとか、メガネがイヤだとか、ワンちゃんにもイロイロ好みがあるようで。
警戒を解くという意味合いもあるそうです。

で、1番心に響いたのが。

「ワンちゃんの社会化ができないからといって悪いことではありません。
飼い主さんとのコミュニケーションがとれていればそれでいいのです。
ただ、社会化が進むとワンちゃんの表情も増えてくるんですよ」

なんだか肩の力が抜けた気がいたしました。
『~ねばならぬ』の意識が強い私としては、こういう言葉に弱いんですよ。

来て良かったな、と思いました。

そして、会がすんでからトレーナーの方にいくつか質問をさせていただいたんですが。
これも納得のいく答えをいただきました。

その一つが、三女とーのが噛みつかれることについて。
自分と似たような動きをするとーのに向かっていくのは当然だと。
そして、カプよりもとーのの方を叱った方がよいとバッサリ。
犬を叱っても仕方がないとの見解。

犬にさせたくないことは、やめるように押さえつけるのも一つではあるけれど。
させたくないことを、体験させないようにするのも一つだとおっしゃってました。

なるほど~。

とてもいい勉強になりました


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。