上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、ケージからの脱走を覚えまして。

ケージinしてお留守番させた後、帰宅してみると掃き出し窓にへばりついて私たちの帰りを待ちわびているという日が多くなりました。

そして。

脱走の瞬間を目の当たりにしました。


ジーッと見つめていると脱走する気配はないモノの。
視線をそらせていると、脱走を試みようとする眼差しが見え隠れ。

そのうちに、ベッドに足をかけ。
よじ登り、ケージ横にある籐のイスめがけてダイブ!!

脱出成功に至るのでありました。


近頃はケージにinすることがほとんどなくなりまして。
夜は、私たち夫婦の寝室で寝るか、子ども部屋でまっぴーと寝るかが多くなり。
お留守番も短いモノならフリーのままにしていることがほとんどです。


ただ。

ケージinのお留守番の時でも、帰ってくると窓辺でオスワリして外を伺っていることが多く。
ずーっと帰りを待っているものと思われます。

愛おしいというか、不憫というか。。


この際。

終日お留守番を含めフリーにしてしまおうかという案と、ケージに屋根を付ける案がでています。

ケージに入れるのは1時間以上のお留守番の時と、子どもたちのお友達が遊びに来た時くらいかな。
それも犬が苦手な子がくるとき限定で。

今はケージの中に、トイレも水も設置されています。
1度脱走してしまうと、トイレもできず水も飲めない状況。

大好きなクレートもあるので、ケージを撤去してもいいかなと思うのですが。

クレートも好きとはいえ、終日開けっ放して出入り自由だからかも。
入り口を塞ぐと、カリカリホリホリするし。

かといって今更ケージに屋根を付けるのもね~。


ペットホテルも時々利用する我が家。
万が一、災害があったときのことも思えば。
ケージよりクレートで過ごせるようにした方がいいような気ましますが。

いかがなモノか。。。。。

とりあえず、懐にやさしいすのこを屋根面に設置して様子を見ています。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。