上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カプが我が家にやってきて。
家族の関心もカプが独り占め。

最初は飼うことに反対していたとーちゃんも。
言い出しっぺの 長女(小4):まっぴーも。
どっちでもイイって言ってた 次女(小2):ひーちゃんも。
犬より妹がイイって言ってた 三女(年長):とーのも。
ちっさい犬が苦手なかーちゃんも。

みーんなカプが大好きになって。

「ただいまー」の声をかける相手は、まずカプに向けて。

ゲージをちょこちょこ解放して、リビングでカプを追いかけ回す日々になりました。


カプは。
相手をしてもらえて嬉しそう・・・と言うにはほど遠く。
自由に動き回れずストレスフル状態

体調が悪くなってないだけ、ありがたいけど。

いつになったら、カプのいる生活が当たり前になってくれて、平常心でみんなが過ごせるのか。
もう少し、時間がかかりそうな我が家です。


そんなカプも、25日(水)に2回目の予防接種に行って来ました

獣医さんはどこにしようかと。
タウンページを眺めていても、良さまでは分からないので。

ペットショップで1回目を接種してくれた獣医さんにお願いすることにしました。

今後、カプのトリミングをお願いしようと思っているトリマーさんにも聞いてみたら。
その獣医さんを紹介してくれたので。

安心してお任せすることになりました。


クレートにカプを入れて、車を発進させると。
前回同様、甘え鳴きを続けていました。

獣医さんまでは、車で10分弱かな~。

到着したときは、白いトイプーちゃんが1匹。

なので、案外早く診ていただくことができました。

ご夫婦でされている、アットホームな小さい獣医院。
奥様の方から、トイプーの注意点や、食事のアドバイスを優しく教えていただいて。

その間にご主人の獣医さんにチックーン


拍子抜けするくらい、何事もなく終了してしまいました。


ワンともキャンともビクリともしない、にぶーい?カプでした。


当日はゆっくり休んで。
なるべくゲージから出さず、過ごしてました。

カプの武勇伝を、保育園から帰ってきたとーのに伝えると。

「とーのも注射に行って来る!!」

と張り切ってくれました。

彼女は6月までに、麻疹・風疹の予防接種を受けなくてはならず。
ずーっと逃げ腰でいたんだけれど。
カプのお陰で、ようやく重い腰をあげました

結果。

小児科に入るまでは、勇んで乗り込んだとーのでしたが。
診察室に入る頃には腰が引け。
聴診器を当てられるまでは良かったけれど。
腕を出す頃には青ざめた表情で。

泣き出した。


カプはがんばったのにね~


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jv4817.blog.fc2.com/tb.php/20-3b2e60a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。